整形外科|東大阪市 整形外科 リウマチ科 生活習慣病 山口医院

ご相談・お問い合わせはこちら Tel.06-6781-1492 fax.06-6783-7866
診療時間
9:00~13:00
16:00~18:30

※診療時間の30分前より受付を行っております。

整形外科

トップページ»  整形外科

整形外科

当院では専門の医師により、骨折や捻挫といった外傷をはじめ、全身の関節の痛み、しびれなどの慢性の病気をなおしております。具体的には、骨粗しょう症、腰痛症、椎間板ヘルニア、変形性関節症、五十肩、テニス肘、腱鞘炎などです。その症状の原因をつきとめ、診断をし、飲み薬、電気治療、注射など患者様自身と相談しながらよりよい診療を行っておりますのでお気軽にご相談ください。

近畿大学医学部付属病院、大阪赤十字病院、市立東大阪医療センターなどの大阪の先進医療機関と連携しております。整骨院、カイロプラクティックに行く前にまず診断を受けてください。

対象疾患
  • 骨粗しょう症
  • 変形性関節症
  • テニス肘
  • 腰痛症
  • 五十肩
  • 腱鞘炎
  • 椎間板ヘルニア

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは主に加齢によって骨量が減少、骨が劣化し、骨折をおこしやすくなる全身性の病気です。

骨折は、手首や脚の付け根、腰に起こりやすく、骨折すると日常の生活に大きな障害が及ぶだけでなく、その後寝たきりになってしまうこともあります。

現在、日本では約1,000万人が骨粗しょう症と言われており、その予防と治療が非常に重要です。

適切な食生活と運動が基本になりますが、骨密度を正しく測定し、必要であればその人に合った薬物治療をするのが大切です。

最近はビタミンD、Ca製剤だけでなく骨吸収抑制剤、骨形成剤など飛躍的に進歩し、寝たきりにならぬように寝たきりから復活するように薬を処方します。
どの製剤も使用可能です、ご相談の上処方いたします。

少しでも気になるようであれば、すぐにドクターへご相談ください。

スポーツ外傷・障害

スポーツによる障害は、急性の外傷と慢性の障害とに分けられます。

外傷とは骨折、脱臼(だっきゅう)、捻挫(ねんざ)、打撲(だぼく)、肉ばなれ、腱断裂(けんだんれつ)、靭帯(じんたい)損傷などです。障害とは主としてスポーツによる使いすぎ(オーバーユーズ)を原因として発生するものです。腱、靭帯あるいはその付着部、関節軟骨(かんせつなんこつ)をはじめとする関節構成体、さらには骨組織などに繰り返しの負荷が加わることにより、これらの組織やその周囲に炎症が続いたり、組織自体の変性や破綻(はたん)を来すものです。
スポーツ障害を予防するには、休みをしっかり取ることが重要です。けがも疲れてきた時に多く発生することが多いので、いかに上手に休息を取りながら運動をするかをお考えください。

Page Top